Articles

Matt Berkus Matt Berkus

Posted by admin

債務者は、価値ファイル第7章破産で逆さまになっている家の下から出ようとしています。 第7章破産は、自分の家からきれいに離れて歩くために探している債務者のための右の戦略です。 しかし、破産は債務ではなく、タイトルや行為を扱っています。 第7章の破産のあなたの家を放棄するとき、債務者は抵当ノートの義務を排出するが、債務者の名前はタイトルに残る。 債務者は、実用的な結果を認識する必要があります。

債務者は依然としてHOAの会費と評価を支払う責任があります。

譲渡された財産の所有者はHOAの会費と評価を支払う責任があります。 債務者が第7章破産で家を放棄している場合でも、所有者はまだ個人的にhoaの会費と破産出願日後に起因する評価の責任があります。 さらに、破産債務者が財産の外に移動した場合、譲渡された所有者は、生い茂った草、絵画などの違反に対する罰金または評価を担当します。 破産はタイトルから債務者の名前を削除しないので、債務者はHOAの会費と財産の維持を担当しています。

実際の問題として、債務者の貸し手が差し押さえに回れば、貸し手はHOAを支払うことになります。 但し、それは道の下の多くの年に多くの月であることができる。 一方で、HOAは、コレクションのための所有者を追求し、州法が許せば、所有者を訴えることができます。

誰かが財産(施設責任)に傷ついた場合、債務者は依然として責任を負います。

誰かがあなたの財産を傷つけたり負傷したりした場合、所有者は第7章破産で家を放棄しているにもかかわらず、彼が財産の譲渡所有者である限り、潜在的に責任を負う。 さらに悪いことに、あなただけの第7章破産を提出することができますので、八年に一度、債務者は、負傷者の損害賠償責任を負うことになります。 この実用的な結果への解決策は、財産賠償責任保険を維持することです。

債務者はまだ固定資産税のために個人的に責任を負います。

譲渡された財産の所有者は固定資産税を支払う義務があります。 だから、債務者が第7章破産で家を放棄しているにもかかわらず、債務者はまだ破産出願日後に起因する税金の固定資産税を支払う責任があります。 しかし、ちょうどHOAの会費と同じように、差し押さえ貸し手は、最終的に固定資産税を支払うことになります。 それがそうするまで、郡の査定者は固定資産税の支払いのために所有者を追求します。

移転までは、別の家を買うことは事実上不可能です。

7章破産であなたの家を放棄することは、あなたがより迅速に別の家を購入するために住宅ローンを得ることができる保証するものではありません。 新しい貸し手も住宅ローンを与えることを検討する前に、それはあなたの現在のプロパティの満足のいく処分を見たいと思うでしょう。 現在のFHAのガイドラインは、破産から2年間の住宅ローンの適格性を可能にします。 但し、抵当引受人は両方の抵当をできるには十分な収入を見たいと思う(あなたの現在の抵当を支払っていないのに)またはタイトルがあなたの名前から移るときからの3年を待たなければならない。 第7章破産で家を降伏借金を扱うが、あなたは別の住宅ローンの対象となる前に、それはより多くの年かもしれません。 彼は別の住宅ローンを取得することができます前に、プロパティの抵当流れ、債務者は新しい3年の時計です。

だから、どのように私は第7章の破産後に私の名前から私の家を取得するのですか?

あなたの名前をオフ証書を取得するための秘密の方法は存在しません。 4つのオプションがあります。

  1. 不動産を売却する(または空売り)。
  2. 喜んで受け手に証書の上に署名します。

最も速く、しかししばしば最も困難なオプションは、不動産を売却することです。 家は値が逆さまになっている場合は、販売は空売りを意味します。 すべての先取特権保有者(すなわち、第一の住宅ローン、第二の住宅ローン、HELOCなど)は、空売りを承認する必要があります。 ほとんどの所有者は、単に家の抵当流れを聞かせてください。 しかし、多くの州では、差し押さえは年を取ることができ、あなたは差し押さえに銀行を強制することはできません。 あなたは差し押さえの代わりに銀行に証書を提供することができますが、銀行はそれを受け入れなければなりません。 あなたは代わりに証書を受け入れるために銀行を強制することはできません。 最後に、あなたは喜んで受け手に行為の上に署名することができます。 それが存在するので、私はこの最後のオプションを言及します。 現実の世界では、誰も逆さまの家に行為を受け入れるつもりはありません。

第7章破産で家を放棄することは、住宅ローンを買う余裕がなく、家を売ることができない多くの所有者にとって正しい選択肢です。 第7章破産は、住宅ローンと任意の不足のバランスの債務者の義務を一掃しません。 しかし、第7章の破産で家を放棄しても、タイトルから所有者の名前は削除されません。 債務者は、前述の結果を認識し、準備する必要があります。

最善の解決策は、債務者/所有者ができるだけ長く家に住み続けることです。 家が降伏しているコロラド州第7章倒産の大半では、貸し手は数ヶ月の問題内に、比較的迅速に抵当流れ。 所有者はまだinteriumで上記の問題のいくつかに直面するかもしれません。

共有して楽しむ:

Related Post