Articles

体細胞からのSTAP細胞変換培養のための必須技術のヒント

Posted by admin

このプロトコル交換プロトコルは、それが基づいている論文が撤回されているため、著者らはこのプロトコル交換プロトコルを撤回しています。

刺激誘発型多能性獲得(STAP)は、最近二つの論文で報告された細胞の再プログラミング現象である(Obokata,Nature,2014a,b)。 このリプログラミングプロセスでは、強い外部刺激により、新生児の体細胞は、Oct3/4などの多能性関連遺伝子を発現する細胞に変換され、in vitroおよびin vivoでの三つの胚層すべての誘導体に分化する能力を獲得する。 STAP細胞と呼ばれるこれらの細胞は、胚盤胞注射後のキメラ胎児に寄与することができる。 さらに、胚盤胞注射アッセイにおいて、注入されたSTAP細胞は、胎盤などの胚外組織中にも見出される。

新生児体細胞由来のSTAP細胞は、このように多能性の状態として完全に再プログラムされています。 STAP細胞の確立のための条件では、それらの増殖能力は、胚性幹細胞(Esc)のそれとは異なる、非常に限られています。 STAP細胞は、さらに、2つのタイプの増殖性細胞株、すなわちSTAP幹細胞およびFGF4誘導性幹細胞(FI幹細胞)に変換することができる。 STAP幹細胞は、ACTH含有培地中でSTAP細胞から変換され(手順を参照)、胚外組織に寄与する能力を失う。 対照的に、fgf4含有培地中のSTAP細胞から生成されるFI幹細胞は、胚盤胞注入アッセイにおける胚および胚外系統の両方に寄与する能力を保持するが、そ

外部刺激によって誘発されるSTAP現象は、哺乳動物細胞における多能性および分化に関する我々の理解に新たな光を当てる可能性がある。 この予期せぬ現象は、新生児の造血細胞において、例えば、低pH溶液への一時的な曝露によって誘発され得る。 そのように見えるシンプルさにもかかわらず、この手順は、細胞の取り扱いと培養条件だけでなく、開始細胞集団の選択に特別な注意が必要です。 細胞への致死下ストレスの最適レベルの送達は、STAP細胞誘導のプロセスに不可欠である。 我々の経験から、STAP変換は、ほとんどの細胞が低pH処理後一日のために生き残る培養条件で再現性が見られ、初期細胞数の80%までは、その後、約日2-3で死ぬ。 溶液のpHの制御は唯一の重要な要因ではありません; 致死下ストレスの発症の遅延も非常に重要である。 この生物学的背景は、他の多くの要因によっても影響を受ける可能性があります。 例えば、ストレスへの曝露前後の体細胞の調製および細胞の取り扱いは、細胞へのさらなる損傷がストレスのレベルを変化させ、過剰な細胞死または STAP変換のために使用される細胞のタイプもまた重要であり、他の供給源からの細胞の使用(例えば、継代後の培養線維芽細胞の使用)もまた、STAP変換を達成 適切な手順が正しい順序で続いているとき、我々は再現可能にSTAP細胞変換を観察しています。

この技術の広範なテストと使用を容易にするために、我々は現在、ステップバイステップの手順を含む完全なプロトコル記事を準備しています。 しかし、完全な原稿の準備、提出、出版にはかなりの時間がかかるため、このプロトコル交換では、STAP細胞変換培養(および関連する実験)のための技術的なヒントをいくつか共有したいと考えています。 これらの技術的なヒントが、実験の詳細についてよく寄せられる多くの質問に答えることを願っています。

キーワード
STAP細胞、リプログラミング、多能性

Related Post