Articles

についてこれを知っていれば、すべての眼科医だけがTASS

Posted by admin

についてこれを知っていれば、なぜ毒性前部セグメント症候群は予防 なぜ眼科医は心配すべきですか?

Tassの理解:合併症と症状

TASSが非常に深刻な理由は、tassが虹彩の萎縮、視神経損傷、後嚢不透明化、嚢胞様黄斑浮腫、およびその他の重篤な状態を引き起こ

TASS自体は、非感染性の薬剤が前部セグメントを貫通し、眼内組織に対して有毒な損傷を引き起こすことによってもたらされます。

tassは、はるかに、白内障手術後に最も頻繁に発生します。 そうは言っても、いくつかの眼科医は最近、眼内レンズ移植後の術後合併症を報告している。

しかし、常に心に留めておくべきことは、TASSは前側セグメントに炎症を伴う術後状態であるが、TASS自体は前側セグメントを貫通する非感染性物質に

TASSによる合併症

眼内組織に毒性のある損傷がある場合はいつでも、重度の炎症、視力のぼけ、視神経損傷の可能性がある患者を心配し、より重 実際には、毒性前部セグメント症候群に関連する炎症は、前房自体の周りの白血球の層化が発生する可能性があるほど顕著であり得る(hypopyon形成)。

Hypopyonの形成は、前房の下半分に黄色の滲出液として存在する可能性があります。 TASS手術後に罹患している患者では、結膜の発赤、ならびに強膜の最も遠い層の発赤(すなわち、上強膜層の発赤)が見られることもあります。

TASSに罹患している患者は、手術から48時間以内にしばしば症状、すなわち炎症、発赤、視力のぼけを呈する。 患者はあなたのオフィスに来る時に苦痛にあるかもしれないし、けれどもほとんど確かにぼやけた、減らされた視野およびlimbusにlimbusに及ぶ拡散corneal浮腫に

患者からは、光と明るさに対する重度の感受性(光恐怖症)と激しい前房反応が期待されます。 TASSの主な症状は、手術後12時間という短い時間枠内で患者に潜在的に存在するのに対し、感染性眼内炎の全範囲は、白内障手術後1週間まで発症しな

TASSの原因を詳細に調べる

tassを防ぐことは、残念ながら、潜在的な原因が非常に多く多面的であるため、ワンショットの銀の弾丸ではできません。

tassは、手術前および手術中に眼科医およびそのスタッフが使用する滅菌段階、麻酔薬および軟膏で引き起こされる可能性があり、tassは洗剤や酵素に由来する可能性があります。

TASSの衝撃的な根本原因

tassの真の原因はあなたを驚かせるかもしれません–白内障手術センターは文字通り何百万もの白内障手術を長年にわたって行 これはどうやって可能性がありますか? それは簡単です: 白内障手術のために予定されているより多くの患者は、手術の間の時間が短いことを意味します。 準備時間が短いと、不注意なミスにつながる可能性があります。

あなたのスタッフのすべてのメンバーが議定書に従ってあなたの器械をきれいにすることを確かめることはTASSを防ぐことへ必要な第一歩である。 それはあなたの器械をきれいにした後残りの洗剤および酵素があなたの器械にまだないことを保障することまた重大である–残りの洗剤および

高度なトラブルシューティングTASS

より高度な予防のヒントをお探しの場合は、オートクレーブ貯水池と超音波浴を定期的に清掃してください。 加熱およびオートクレーブ中に破壊されたグラム陰性細菌は、それにもかかわらず、耐熱性のグラム陰性細菌の形であなたの楽器に自分の道を見つける

患者が暴露される可能性のあるいくつかの眼内薬でさえ–例えば、潅漑の解決の抗生物質かintracameral抗生物質は–激流の外科の後でTASSを開発するために患者をし向けるかもしれません。

軟膏や滅菌不良(上記)は常に注意すべき問題ですが、一部の眼科医は、金属沈殿物、特定の防腐剤、異常なpHレベルの眼内灌漑溶液が患者を毒性前セグメント症候群の素因とする危険性を軽視しています。

: 予防のオンスは治療のポンドの価値があります

これは、tassが薬物、麻酔薬および薬物中の特定の防腐剤、細菌内毒素、軟膏および異常なpHレベルの溶液への曝露の結果として発症する可能性があると言うことです。

適切に滅菌された器具を使用し、低防腐剤の眼内溶液を使用し、エンドトキシンを除去することにより、TASSを発症する患者の確率が低下します。

Related Post